フォトウェディングの実施は入籍前と入籍後どちらがおすすめ?

       

公開日:2023/08/15  最終更新日:2023/12/22


フォトウェディングを実施する際、入籍前と入籍後のどちらが適しているのか、多くの人が迷うことでしょう。実際には、それぞれのスケジュールや撮影したい時期、季節、そしてシチュエーションによって、最適な撮影タイミングや条件が異なります。そこで今回は、入籍前と入籍後それぞれのメリットや注意点について説明しましょう。

入籍前にフォトウェディングを行うメリット

入籍前にフォトウェディングを行うことには、以下のようなメリットがあります。

ゆっくりと時間を使える

入籍前に写真撮影を済ませておけば、結婚式当日の写真撮影にかける時間を節約できます。そのため、結婚式のスケジュールがより余裕をもったものとなり、家族や親しい人々との時間をゆっくり過ごすことができるでしょう。

また、プロのカメラマンによって撮影された写真は、美しい仕上がりとなります。この入籍の喜びを家族や周囲の人々に伝える際に、これらの写真を使用することで、より鮮やかで印象的な入籍報告ができます。フォトウェディングで撮影された写真は、年賀状やフォトブック、ウェルカムボードなど、さまざまな用途に活用可能です。また、結婚や入籍のお祝いをいただいた際には、そのお返しに撮影した写真を使用することもできるでしょう。

結婚式とは別の衣裳で撮影できる

フォトウェディングでは、結婚式当日とは異なる衣装を着て、写真に残すことができます。もし結婚式を計画している場合、フォトウェディングでは和装などの落ち着いた衣装を選び、結婚式では華やかなウェディングドレスやカクテルドレスを着た姿を写真に残すことができるでしょう。

さらに、衣装のシルエットや装飾品、髪型などを変えることで、さまざまな雰囲気を演出することも可能です。また、結婚式当日にお色直しをする回数を減らしたい方にとっても、フォトウェディングをおすすめします。

撮りたいシチュエーションを叶えやすい

フォトウェディングでは、スタジオだけでの撮影も素敵ですが、特別な場所や思い出深い風景、日常のささいな瞬間など、ふたりが望むシチュエーションでの撮影もおすすめです。人気のフォトスポットでの撮影や美しい夕日が広がる浜辺を歩くシーン、輝くイルミネーションに包まれる瞬間など、撮影する時間帯や季節を組み合わせることで、無限の可能性が広がります。事前に話し合い、どのような場所がよいかを決めたり、行きたい場所を事前にリサーチしたりしておくとよいでしょう。

入籍後にフォトウェディングを行うメリット

どのようなメリットがあるのかいくつか紹介します。

家族写真の撮影が可能

入籍後は、お互いの両親も家族となります。家族写真を撮ることで、この特別な瞬間を記念に残すことができます。複数枚の写真をまとめてフォトブックにして贈ると喜ばれるでしょう。

写真の撮り直しができる

結婚式後に写真を見て、納得のいかないアングルやシチュエーションがあった場合でも、フォトウェディングなら撮り直しが可能です。結婚式当日は忙しく、周囲を気にする余裕もありませんが、結婚式後ならゆっくりと時間をかけてリラックスしながら、自分たちの理想のシチュエーションで撮影することができます。

指輪を使用した写真が撮影できる

入籍後なら、婚約指輪や結婚指輪を活用した写真も撮ることができます。指輪をはめた手を写すだけのシンプルな写真や、リングピローに乗せて飾る写真、入籍日が見えるように工夫するなど、指輪を主役にしたロマンチックな写真を残すことができます。

フォトウェディング実施時の注意点

フォトウェディングを行う際に注意すべきポイントをいくつかご紹介します。

プラン内容の確認は慎重にする

予算を超えることや必要な項目が含まれていないことを避けるためにも、プラン内容を慎重に確認しましょう。追加オプションや料金が含まれているのか、必要な項目が全てプランに含まれているのかなど、注意事項や要点をしっかりと把握しましょう。

金額を重視しない

安価なプランを選ぶだけでなく、衣装や撮影の品質にも注意しましょう。予想と異なる衣装や制限された撮影枚数、ワンパターンのアングルやシチュエーションなど、素敵なフォトウェディングを台なしにしてしまう可能性があります。また、土日や祝日に撮影する場合、追加料金が発生するフォトスタジオもあるため、料金だけでなくプラン内容をしっかり確認し、後悔のない撮影を心掛けましょう。

レンタルできるか確認する

アクセサリーや小物のレンタルが可能かどうかも重要です。レンタルができる場合は手ぶらで行くことができますが、レンタルができない場合は自身で合わせるアクセサリーや小物を持参し、スタッフとコーディネートする必要があります。プランにアクセサリーや小物のレンタルが含まれているかを確認し、できない場合は自分たちで準備するようにしましょう。

山口でおすすめのフォトウエディングスタジオはこちら

まとめ

入籍前と入籍後では、時間の使い方や撮影のやり直し、利用できるアイテムなど、さまざまな違いがあります。フォトウェディングは、結婚式を挙げずに写真だけで済ませたい方や、結婚式とは異なるシチュエーションで写真を残したい方におすすめです。入籍前なら、撮影した写真をスライドショーやウェルカムボードなどに活用しやすくなります。入籍後なら、結婚式では着なかった衣装で撮影することも可能です。

結婚式を挙げずに写真だけで済ませたい場合は、いつでもフォトウェディングができますし、結婚式とフォトウェディングの両方を行いたい場合も、それぞれの雰囲気で写真に残すことができます。自分たちの理想や考え方に合わせて上手に活用し、素敵な思い出を残しましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

和装でのフォトウェディングには白無垢、色打掛、引振袖といった多彩な選択肢があります。この記事では、各種和装の魅力や選び方について掘り下げ、お二人の個性や撮影場所に合わせて最適な選択をするポイ

続きを読む

近年、新しい結婚式のスタイルとして、「フォトウエディング」が注目を集めています。フォトウエディングとは、親族や友人を招くような式自体は行わず、ウエディングドレスやタキシード、和装などを着用し

続きを読む

特別な一日を美しい瞬間に刻むために、新郎の衣装は重要です。この記事では、フォトウェディングに映える衣装の種類や選び方に焦点を当て、新郎新婦の個性を引き立てつつ、どんなシーンや季節でも輝く衣装

続きを読む

特別な瞬間を美しく切り取りたいなら、フォトウェディングでのドレス選びが重要です。シーンや季節、自身の好みを考慮し、シルクやサテンなどの素材、さまざまなデザインを検討しましょう。この記事では、

続きを読む

美しい自然や歴史的な風景が広がる山口県には、数々の魅力的な撮影スポットが存在します。本記事では、山口県内でとくにおすすめのロケーションをご紹介します。絶景の山々や風光明媚な海岸線、歴史的な城

続きを読む

結婚式に向けての写真撮影は、新郎新婦にとって特別な思い出を残す大切なものです。本記事では、フォトウェディングと前撮りの違いについて解説します。それぞれの特徴や利点を明らかにし、どちらが結婚写

続きを読む

結婚にまつわる言葉はたくさんあり、準備を始めたばかりの人は戸惑ってしまいますよね。とくにフォトウェディングと、ウェディングフォトは同じ意味だと思っている人も多く、まぎらわしい言葉です。そこで

続きを読む

最近では、結婚式はしないけど思い出は残したいと思い、フォトウェディングを利用するカップルが年々増えています。両親や親族を招待したり、挙式や食事会を追加したりできるプランもあり、一般的な結婚式

続きを読む

フォトウェディングを実施する際、入籍前と入籍後のどちらが適しているのか、多くの人が迷うことでしょう。実際には、それぞれのスケジュールや撮影したい時期、季節、そしてシチュエーションによって、最

続きを読む

フォトウェディングを撮りたいと考えていても、どれくらいの費用がかかるのか分からない人もいるでしょう。おおまかにでも事前に把握しておくと、撮影費用を捻出しやすくなります。費用の相場や、追加料金

続きを読む